SEO対策のCSS

CSS を活用してHTMLからデザインの指定を切り離します。CSS は外部ファイルにして呼び出すのがSEO対策ではいいです。HTMLから余分なテキストをなくせるため、 SEOの効果も高いです。
デザインの幅を広げるcssはカスケーディングスタイルシート の略で、 HTMLとともに使い、ホームページのレイアウトや色などを設定するための書式です。 css は、 HTMLだけで指定するよりも表現力に優れ、細かな表現が可能 なため、最近では非常によく利用されるようになっています。  css を使うと HTMLだけではできない表現が可能です。HTMLの情報をスリム化できる css を利用することは、SEO対策としても意味があり ます 。css を使うことで、ページを構成する HTMLのデータから、レイ アウトやデザイン等に関する情報を減らすことができるからです。例えばHTMLだけでページのデザインを設定する場合、 HTMLの中で同じデザイン情報を何度も書かなければなりません。しかし css では、 一度スタイルを定義して しまえば、あとは何 も指定 しなくても何度でもスタイルを利用することが可能です。

その結果、 HTML中のスタイル情報を減らすことができ、キーワードの密度を高めることができます。また body タグやpタグの直後など、SEOが重要視する部分にスタイルを指定するタグを配置する必要がなくなるので、その点でもSEO対策として非常に意味があります。