SEOに有効なCSS

css を利用すると、ホームページの実際のコンテンツとデザインを分離することができます。これは、SEO対策としても有効ですが、それ以外にユーザビリ ティの観点からも、非常に良いことだと言われています。それは、訪問者が自分にとっ て読みやすいcss を用意しておいて、それをホームページで指定されているcss の代 わりに指定することで、文字の大きさや配色などを自分に適した状態で閲覧することができるようになるからです。訪問者側で用意するcss を「ユーザースタイ ルシート」と呼びます。 Internet Explorer やFirefox など、主要なブラウザにはユーザ ースタイルシー トを利用する機能が備わっていて、利用するcss を訪問者側で切り替 えられるようになっているのです。しかし実際の ところ自分専用のユーザースタイルシー トを用意して利用している人は、そんなに多くはありません。したがって、 cssを利用する際には読みづらいページにならないよう に、配色や文字の大きさを考える必要があります。 特に注意したいのは文字の大きさです。 Internet Explorer では「表示」メニューに 「文字のサイズ」とい う項目があり、表示に使われる文字のサイズを変更できるように なっています。しかし、css を使って文字のサイズを固定サイズ に指定しているサイトでは、これが有効に働きません。したがって、 css で フォントサイズにあまり小さな固定値を指定していると、せっかくやってきてくれた人 が、文字が見づらすぎるために立ち去ってしまった、ということにもなりかねないので 気をつけましょう。