CSSデータの保存方法

SEOを重視したレイアウトにも活かせる css を利用することで、SEO対策を重視したレイ アウ トを組むこともできます。 これまではページのレイアウ ト設定に、 <table> タ グを使っているケースが多く見られました。 しかし<table >タグを使っ たレイアウ トでは、サイズを調整するためにHTML内にたくさんのタグを入れなければならなかったり、必ず左上に表示するものから記述しなければならないなどの制約が生まれてしまいます。 例えば、以下のよう なレイアウ トを組む場合、tableタグを使うと 、サイドバーのデータを主要な情報よりも前に置く必要がありま した。

しかし css を利用すれば、主要な内容のデータをサイ ド、バーより上に記述することができます。
このように、 CSS を活用すれば、ページのレイアウトに関係なく重要 な情報をHTML の上部に配置することが可能です。検索エンジンは、 HTML の上部に書かれて いるデータほど重要だと見なします。そのため、 ページの主要な情報を上に記述できるのは、大きなメリッ 卜と言えるでしょう 。 もし、現在もtableタグでページレイアウト を構成しているなら、 CSS を使って再構築する価値は十分にあります。

css は別ファイルにして外部に置くことができるのでそうすることでSEO対策をします。 CSS のメリットにはもう l つ、 JavaScript と同じように、別ファイル にして外部に置けることがあります。外部データとして用意 したCSSのデータは、 HTML 内で必要に応じて参照することができます。やり方は、 CSS のデータだけを記述したファイルを .CSSなどの拡張子で用意し て、 HTML のヘッダ部分<head >~</ head >で指定すればOKです。

CSS を別ファイルにすることで、 HTML のレイアウトやデザインに関 する情報を、 HTML 内からほとんどなくすことができます。HTML 内 における無駄な要素を減ら し、キーワードの密度を上げることが可能になるわけです。また、CSS 部分のデータの修正や変更もやりやすくなる ため、 一石二鳥のテクニックと言えるでしょう 。