インデクサとサーチャー

集めたWebサイトを、 Google のデータベースに登録して整理するのが『インデクサ』 という口ポットです。 「インデックス」は、索引や見出しという意味です。「インデクサ」はページごとにどんなキーワードや文章が書かれているか、「文字数は?」「画像は?」「リンクは?」といったことを解析して、後で取り出しやすいように索引や見出しを付けてデータベースに保存していきます。

私たちが検索窓に入れたキーワードに応じて、最適なページを探し出してくるロボットが「サーチャー」です。 Googleは、私たちが入れたキーワードを検知すると、「関連性が高い」と判断された検索結果をランキング形式で表示します。「関連性が高いかどうか」は200以上の要素から判断されていて、その詳細は公開されていません。 ただ言えることは「Googleは、常にユーザーに最適な検索結果を出したいと願っている」ということ。私たちは 『ユーザーに役立つコンテンツを作り、コツコツ情報発信していくこと』に専念しましょう。探しているユーザーと、私たちが作る コンテンツ (We bサイ ト)の関連性が一致すれ
ば、おのずと上位に表示されるようになります。

sitemapファイル

sitemap ファイルといっても 、Webサイトの来訪者が全体像を把握したり、迷子に
なった時に探しているページに行きつくためのサイトマ ップではな く、 検索サイトのクローラ ーがWebサイト内を巡回する際にWebサイトの構造を理解してもらうための sitemapです。検索サイトにWebサイトの構造を知ってもらうには、sitemap.xmlなどのsitemapファイルを使います。Webサイトの構造
を確実に理解し てもらうためにも、必ず、sitemapファイル を作って おきまし ょう。

最近では、Google search consoleでサイトマップの送信もできます。

検索エンジンから新規顧客を

実店舗での販売や飲食業と同じで、インターネットで商品やサービスを 売る場合も本当に儲けさせてくれるのは実際にはリピーター客です。リピ ーター客を囲い込んでいることの利点は、
・来屈してもらうための広告宣伝費がかからない

・平均顧客単価が高い(たくさん買ってくれる)

・安定的な売上が見込める(仕入れに有利)

などが挙げられます。 他方、新規顧客を獲得するためには広告宣伝費(顧客獲得原価)がかか ります。そのうえ、最初の注文は単価が低い傾向にあるので、初回のショ ッピングだけを計算すると赤字の場合も少なくありません。 しかし、リピーター客を獲得するためには新規顧客の獲得を避けて通ることはできません。新規顧客を獲得するために広告宣伝活動を実施しなけ れば、消費者はライバル店を訪問してその店でリピーター客として囲われ てしまうでしょう。ライバル店で、固定客化した消費者を奪い返すのは至難の業です。 このように考えると、検索エンジンを上手に使って自分のホームページ を宣伝し、まだお気に入りの店を持っていない浮動層の消費者を取り込む ことがネットビジネス成功への第一歩であることが分かります。

ハブサイトを被リンクへ

検索エンジンは、「検索エンジンに評価されているハブサイト」からリンクされている「オーソリティサイト」を評価するといわれています。ここで、オーソリティサイトとは、特定のテーマについて解説しているサイトのことで、例えば「電気代を節約するノウハウなどを解説したサイト」や、「株で成功するノウハウを解説したサイト」などが、これにあたります。一方、ハブサイトとは、色々なテーマのサイトを分類してカテゴリ登録しているサイトのことで、例えばYahoo! Japanのカテゴリや、英語学習に役立つサイトのリンク集などがこれにあたります。

では、もし放置していても自動的に被リンクとコンテンツが集まっていくサイトが作れたら、どうでしょうか? そこから本命のサイトにリンクをかければ、本命サイトの検索エンジンからの評価も高まります。 そこで、「ほぼ自動で、被リンクが集まるハブサイト」を作る人が出始めました。

「ほほ自動で、被リンクが集まるハブサイ ト」 というのは、具体的には「相互リンク必須の個人検索エンジン」です。これはYahoo! Japanのカテゴリのような、色々なブログ・ホームページをテーマに応じて分類しているサイトなのですが、登録する条件として相互リンクを必須にしています。すると、登録してくるサイトすべてと相互リンクができるので、自然に被リンクが集まるというわけです。

しかも、 cgiなどのプログラムを使えば、自動でコンテンツができあがっていくので、運営の手間はかかりません。 SEO にはうってつけのコンテンツなのです。

ブログはSEOに強い!?

多少詳しい方ならご存知でしょうが、一般的にブログは単なるホームページよりもSEOに強いといわれています。

ではなぜブログはSEOに強いのでしょうか?

その理由は、主に以下の2つが挙げられます。

 

・ブログサービス側が「ある程度まで」内部要素を最適化してくれていること

・トラックパック、 ping送信、ブログサービスの関連ページからの被リンクなど、被リンクを得やすい構造になっていること

 

どうしてこうしたことがSEOでの強さにつながるのかという理由は、今は省略しますが、要するに「ブログサービスのブログは内部要素も外部要素もある程度まで用意されているので、SEOについてまったく知識がない人でも上位表示しやすい状況だった」ということが理由です。
しかし近年はブログの数が激増して、ほとんどの人がブログを運営しています。つまり、ほとんどの人が同じレベルの対策
をしていることになるわけあり、単にブログを使っているというだけでは、上位表示されにくくなっています。
ですから、やはりブログであっても、他の人より一歩進んで、SEOについて対策しておくべきなのです。

対策を行うことで、あなたのブログには反応の良い読者がたくさん集まりやすくなるでしょう。

内部要素

SEOのほぼ50%の重要度を占める、内部要素の最適化について解説し ます。おおまかにいうとヤフーとグーグルの内部要素のポイン卜は以下です。

ヤフー キーワードのちりばめ方に最新の注意が必要

グーグル キーワードは多めでいいがページの文章量が大切

このように厳密にはヤフーとグーグルでの対策には違いがありますが、どちらかだけ上げたいという人はいないと思います。できれば両方を上げたいのは当然です。なるべくどちらにも通用する方法を取りましょう。

内部要素は次のように分けることができます。

トップページ+それ以外のサブページ

サブページはさらに

タイトル

METAタグ

<h>タグ

Altタグ(代替テキスト)

本文

と分けられます。

さらに細かく言うと、METAタグはMetakeywords(メタキーワーズ)とMetadescription(メタディスクリプション)にわけられます。

ここでいうタイトルとは、ページ最上部に大きく書かれたりするタ イトルなどで
はなく、開かれたウインドウ 自体の最上部に書かれている文字のことです。前者が
訪問者に視覚と感情に訴えるものであるのに対して、後者はどちらかというと何に
ついてのサイ トであるかを検索エンジン に示すものといえます。両者は同じ場合もありますが、目的が違うので、違うテキスト(文字列)であるべきだといえるで しょう。 また、ここでいうタイトルのもう 1つの役割として、検索結果と して表示された 場合のタイトルとして出てくる部分だということがあります。そういう意味においては人に対してアピールする役目も持っています。また、キーワー ドを強調するためには、タイトルがあまり長いと効果がありません。理想的なのはキーワー ドの文字列が全体の文字数の50%以上を占めることですが、それに無理にこだわ
る必要はありません。 キーワードは1語ならば原則2固まで、複合語ならば1回だけの記述にしましょう。 それ以上入れると過剰なSEO と評価される恐れがあります。

タグ</a></h1> <div class="entry-meta"> 投稿日: <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/04/05/%e3%82%bf%e3%82%b0/" title="4:15 am" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="2018-04-05T04:15:29+00:00">4月 5, 2018</time></a><span class="byline"> 投稿者: <span class="author vcard"><a class="url fn n" href="http://machupicchu-ruins.com/author/admin/" title="admin のすべての投稿を表示" rel="author">admin</a></span></span> </div><!-- .entry-meta --> </header><!-- .entry-header --> <div class="entry-content"> <p>検索エンジンはロボットなので、ホームページの中身までは細かく調べてい ない。<TITLE >タグには、自分の狙った「売れる検索キーワード」を入力して欲しい。 現時点で、自分が思い描いている検索キーワードとは、まったく違う言葉が <TITLE >タグに入っているようであれば、すぐに書き直して欲しい。 この<TITLE >タグは 、SEO対策というよりも、ホームページを運営する上で、非常に重要なポイントになるので、なんとしても、自分の狙った売れる検索キーワードを埋め込んで欲しい。もし、ここに検索キーワードが入っていなければ、 名札のついていない生徒と同じで、永遠に “検索エンジン先生”に名前を呼ばれることはないのである 。</p> </div><!-- .entry-content --> <footer class="entry-meta"> <span class="sep"> | </span> <span class="comments-link"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/04/05/%e3%82%bf%e3%82%b0/#respond">コメントする</a></span> </footer><!-- .entry-meta --> </article><!-- #post-## --> <article id="post-59" class="post-59 post type-post status-publish format-standard hentry category-uncategorized"> <header class="entry-header"> <h1 class="entry-title"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/03/15/css%e3%81%a7%e3%81%ae%e8%a3%85%e9%a3%be/" rel="bookmark">CSSでの装飾</a></h1> <div class="entry-meta"> 投稿日: <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/03/15/css%e3%81%a7%e3%81%ae%e8%a3%85%e9%a3%be/" title="1:08 am" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="2018-03-15T01:08:32+00:00">3月 15, 2018</time></a><span class="byline"> 投稿者: <span class="author vcard"><a class="url fn n" href="http://machupicchu-ruins.com/author/admin/" title="admin のすべての投稿を表示" rel="author">admin</a></span></span> </div><!-- .entry-meta --> </header><!-- .entry-header --> <div class="entry-content"> <p>CSS3 は、これまで、画像や]avaScript などで行ってきた装飾や見せ方 の一部を、 CSS 内部に追加するだけで実装させることができます。具体例としては、以下のような装飾です。</p> <ul> <li>グラデーション</li> <li>角丸</li> <li>ボーダーイメージ</li> </ul> <p>ボックスシャドウ は、画像を一切使用することなく、 CSS のみでデザインした見出 しの背景です。両サイドを少し折りたたんだ立体感のあるリボンをイ メージして作成しています。HTML はシンプルなままですが、 CSS 側の コードのボリュームは少々 多くなります。</p> </div><!-- .entry-content --> <footer class="entry-meta"> <span class="sep"> | </span> <span class="comments-link"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/03/15/css%e3%81%a7%e3%81%ae%e8%a3%85%e9%a3%be/#respond">コメントする</a></span> </footer><!-- .entry-meta --> </article><!-- #post-## --> <article id="post-56" class="post-56 post type-post status-publish format-standard hentry category-uncategorized"> <header class="entry-header"> <h1 class="entry-title"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/02/04/%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9/" rel="bookmark">ユーザーエクスペリエンス</a></h1> <div class="entry-meta"> 投稿日: <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/02/04/%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9/" title="6:49 am" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="2018-02-04T06:49:41+00:00">2月 4, 2018</time></a><span class="byline"> 投稿者: <span class="author vcard"><a class="url fn n" href="http://machupicchu-ruins.com/author/admin/" title="admin のすべての投稿を表示" rel="author">admin</a></span></span> </div><!-- .entry-meta --> </header><!-- .entry-header --> <div class="entry-content"> <p>誰もが満足するエクスベリエンスを 目指しましょう。<br /> デバイスに応じて適用するルールを作成することで、さまざまな画面に適応させることができ、あらゆる人が満足するエクスペリエンスを構築できます。この「あらゆる人」、すべてのユーザーが対象者であるということが、とても大切なのです。 ス マートフォンはまさに時代を席巻しているネット閲覧ツールで、これに対応することは急務になっています。しかしその本質は、「今後更なる新 しいデバイスが登場してきたとしても、それに対し即座に対応させることができるのか」。これが最も重要なポイントなのです。 Google からの 「すべての人に平等であれ」というメッセージが聞こえてきそうです。 ユーザーエクスペリエンスを基盤とした構築が非常に重要だというこ とを、理解してください。ユーザーエクスペリエンスの向上が結果的にSEOにも効果的です。</p> </div><!-- .entry-content --> <footer class="entry-meta"> <span class="sep"> | </span> <span class="comments-link"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/02/04/%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9/#respond">コメントする</a></span> </footer><!-- .entry-meta --> </article><!-- #post-## --> <article id="post-51" class="post-51 post type-post status-publish format-standard hentry category-uncategorized"> <header class="entry-header"> <h1 class="entry-title"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2017/11/20/%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab/" rel="bookmark">無料ツール</a></h1> <div class="entry-meta"> 投稿日: <a href="http://machupicchu-ruins.com/2017/11/20/%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab/" title="10:35 am" rel="bookmark"><time class="entry-date" datetime="2017-11-20T10:35:09+00:00">11月 20, 2017</time></a><span class="byline"> 投稿者: <span class="author vcard"><a class="url fn n" href="http://machupicchu-ruins.com/author/admin/" title="admin のすべての投稿を表示" rel="author">admin</a></span></span> </div><!-- .entry-meta --> </header><!-- .entry-header --> <div class="entry-content"> <h3>サイトマップ作成</h3> <p>XML -Sitemaps.com</p> <p>http://www.xml-sitemaps com/ URL等を入力すれば、自動でサイトマップの作成ができます。</p> <h3>サイトパフォーマンス改善</h3> <p>YSlow</p> <p>https://addons.mozilla.org/ja/自refox/addon/yslow /</p> <p>海外サイトです。Webページにおいて、適切に構築されているかを測定してくれます。ブラウザとしてFirefoxもダウンロードしましょう。</p> <h3>画像を1枚に結合</h3> <p>CSS Sprite Generator</p> <p>http://ja.spritegen.website-performance.org/</p> <p>多くの画像をl枚に結合させることができます。多くの画像を結合させることで、表示スピードを速くすることができます。</p> <h3>無料ホームページテンプレートソースコード</h3> <p>や画像加工が苦手な方は、あらかじめできあがったホームページテンプレートを使用すれば、タグ内のキーワード調整をしてアップロードすればできあがりです。その代表例として3つのサイトを紹介します。</p> <p>①テンプレート工房TAKEhttp://web.goodlook.jp/</p> <p>②無料ホームページテンプレートFlashNatural</p> <p>http://fiashnatural.com/</p> <p>③Pondt</p> <p>http://pondt.com/regulation/</p> </div><!-- .entry-content --> <footer class="entry-meta"> <span class="sep"> | </span> <span class="comments-link"><a href="http://machupicchu-ruins.com/2017/11/20/%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab/#respond">コメントする</a></span> </footer><!-- .entry-meta --> </article><!-- #post-## --> <nav role="navigation" id="nav-below" class="site-navigation paging-navigation"> <h1 class="assistive-text">投稿ナビゲーション</h1> <div class="nav-previous"><a href="http://machupicchu-ruins.com/author/admin/page/2/" ><span class="meta-nav">←</span> 過去の投稿</a></div> </nav><!-- #nav-below --> </div><!-- #content --> </section><!-- #primary --> <div id="secondary" class="widget-area" role="complementary"> <aside id="recent-posts-2" class="widget widget_recent_entries"> <h1 class="widget-title">hot news</h1> <ul> <li> <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/10/06/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%af%e3%82%b5%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc/">インデクサとサーチャー</a> <span class="post-date">10月 6, 2018</span> </li> <li> <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/10/02/sitemap%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab/">sitemapファイル</a> <span class="post-date">10月 2, 2018</span> </li> <li> <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/08/04/%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e6%96%b0%e8%a6%8f%e9%a1%a7%e5%ae%a2%e3%82%92/">検索エンジンから新規顧客を</a> <span class="post-date">8月 4, 2018</span> </li> <li> <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/07/11/%e3%83%8f%e3%83%96%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%92%e8%a2%ab%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%b8/">ハブサイトを被リンクへ</a> <span class="post-date">7月 11, 2018</span> </li> <li> <a href="http://machupicchu-ruins.com/2018/05/22/%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%81%afseo%e3%81%ab%e5%bc%b7%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bc%9f/">ブログはSEOに強い!?</a> <span class="post-date">5月 22, 2018</span> </li> </ul> </aside> <aside id="text-2" class="widget widget_text"><h1 class="widget-title">サイト管理人: 宮下 えいと</h1> <div class="textwidget">こんにちは。サイト管理人の宮下 えいとです。 SEO対策とCSSについてについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@machupicchu-ruins.com</div> </aside><aside id="swifty-img-widget-2" class="widget swifty-img-widget-class"> <ul class="swifty_imgwidget_ul alcenter"> <li><img src="http://machupicchu-ruins.com/wp-content/uploads/2017/06/24-150x133.jpg" /> </li> </ul> </aside><aside id="text-3" class="widget widget_text"><h1 class="widget-title">免責事項</h1> <div class="textwidget">WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。</div> </aside><aside id="swifty-img-widget-3" class="widget swifty-img-widget-class"><h1 class="widget-title">SEO格安</h1> <ul class="swifty_imgwidget_ul alcenter"> <li><a target="_blank" href="https://www.switchitmaker2.com/"><img src="http://machupicchu-ruins.com/wp-content/uploads/2018/02/SEOロゴ4-300x75.jpg" alt="SEO格安" /></a> </li> </ul> </aside></div><!-- #secondary .widget-area --> <br style="clear:both";> <footer> <p id="copyright" style="text-align:center;">Copyright © 2018 SEO対策とCSSについて All rights Reserved. </footer> <!-- / footer --> <script type='text/javascript' src='http://machupicchu-ruins.com/wp-content/themes/superhero/js/small-menu.js?ver=20120206'></script> <script type='text/javascript' src='http://machupicchu-ruins.com/wp-includes/js/wp-embed.min.js?ver=4.5.15'></script> </body> </html>