SEOに限らず、改善したほうがよいこと

気を付けるべきところは、サイトページを表示する際のスピードを速くするということです。
その他、もし担当者が改善したいと希望している事があるのなら、まずはそちらを最優先に取り組むべきでしょう。「サービスについて常に考えている」。担当者本人が自覚することが、最重要課題と言えます。
では 、Web担当者が作業する際に優先すべきことは何でしょうか。誰のために、何のためにを常に頭に入れておくのはもちろんですが、まずは「お客様を知る」ことも大切です。
「お客様を知る」方法としては、例えば、企業のコールセンターの問い合わせを聞き、どういう問い合わせがあり、どういう対応をしているのかを確認します。問い合わせが多いものはサイトでの改善のポイントとなります。さらに、営業に同行して相手の反応を見たり、要望を聞くことができるケースもあるでしょう。B to B (企業間取引)では特に、営業とのコミュニケーションがとても重要になってきます。まずは、現場に目線を向けるということが第一です。
また、「お客様を知る」方法として「Webサイトの重要度を理解する」する必要があります。
Webサイトを上手く活用できていない会社は、投資に対してどれだけのリ
ターンがあるのかを数値化できていないケースがほとんどです。具体的には、Web の CVRが 1%上がったらいくら売り上げが上がるのかを瞬間的に判断できていない、ということです。この計算は、「営業の人数を増やしてもっとあたろうぜ」という戦略よりも簡単なことだと思うのですが、企業のWeb担当者の中でこういう質問に答えられる人はまだまだ少ないかも知れません。
Webを活用できている企業は、それらをWeb担当者だけでなく、全員が意識していて、誰に聞いても同じ回答ができるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です