入力間違い、うろ覚えの検索キーワード

意外に検索回数が多い 入力間違い、うろ覚えの検索キーワードがあります。
例えば、コーチのバッグを専門で取り扱っているネットショッブがあったとし
ょう。当然、このネットショッブが SEOをする場合、検索キーワー ドは コーチ バッグである。 しかし、中にはコ チ パック と間違って 検索する人がいるかもしれないしcoachと、ブランド名だけを英語で表記してくる人がいるかもしれない。

意外にも入力間違いが英語表記、うろ覚えで検索キーワードを入力している人が多いのが現状である。
“穴場”の検索キーワードを狙っ て、検索結果で上位表示を狙ってみるのも得策と言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です