キーワード選びの基本

それではいよいよSEO対策の対象キーワードを選びます。Section2で決めたSEO対策の目的を思い出してください。その目的に合った行動をとってくれそうな人、平たく言えばあなたの会社の商品に興味を持ってくれそうな人は、どのようなキーワードで情報を探すでしょうか。

実はキーワード選びは奥が深く、このテーマだけで1冊の本が書けるほどです。このSectionではその中で最も基本的な考え方を示し、キーワード選択の実務を行います。まず冒頭に書いた2つのポイント、

  • ほとんど検索されないキーワードを選ばない
  • たくさん検索されるキーワードを選ぶ場合は注意が必要

SEO対策を初めて行う場合に失敗しやすいのがこのポイントです。「光る看板」を販売している会社を例に見ていきましょう。「光る看板」はこの会社のキャッチフレーズです。SEO対策の対象キーワードを選ぶとき、担当者は迷うことなく「光る看板」を選びました。「光る看板」がYahoo!やGoogleで1位になれば注文がたくさん増えるだろうと予想したのです。そしてホームページを作り、SEO業者に「光る看板」のSEO対策を依頼しました。1カ月後、見事にYahoo!でもGoogleで、も「光る看板」で1位になりました。社長も大喜びです。「当社は光る看板で日本一だ」とまで豪語しています。

しかしながら、注文はほとんど、増えなかったのです。これはなぜでしょうか。その理由は、「光る看板」という言葉で、Yahoo!やGoogleで、検索する人がほとんど、いなかったからです。担当者は気付きました。「光る看板」という言葉がほとんど検索されないということが事前にわかればよかったのに、と。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です