業界の不透明性

SEO対策を難しく感じさせている要閃のひとつとして、私は業界の不透明性や閉鎖性にあると思っています。参考にしたいと思ってネットの記事や書籍などを一通り読んでみても、専門的っぽくてどこか敷居が高く、訳のわからない言葉が並べ連ねてあるので、「ふ~ん。で、結局なんなんだ?まあ、いいか。よくわからんけど・・」と半ばあきらめてしまう方も多いのではないでしょうか。

最初は、私もその中のl人でした。しかし、いろいろと勉強し、かつ、さまざまな検証を行った結果、SEO対策についての言葉が”理論”ゃい理屈”のオンパレードになっていて、抽象的過ぎるということがわかったのです。なんとなく「それらしい」ことを語っているだけではないかと疑ってしまうような、実体が見えず、雲をつかむような、という感じです。

Googleのペナルティとは

Googleのガイドライン(ウェブマスター向けガイドライン)に違反しているwebページに対して、検索エンジンのインデックスからwebページの情報を削除する、検索結果での表示順位を下げるといった対処をペナルティと呼びます。 検索エンジンからインデックスが削除されてしまうと、検索結果にwebページが表示されなくなります(見つからなくなる)。そうなってしまうとインターネット検索でのチャンスを失うことになり、検索経由の集客には致命的です。Google検索のペナルティは手動で行われます。検索アルゴリズムのようにプログラムによって機械的に行われるのではなく、人聞が判断をしているので、ペナルティを受けた場合、相当の違反をしたと判断できます。ガイドライン違反ではなく、webページの評価が下がる(手動によるものではない)こともあります。この場合はペナルティを受けたということにはなりません。