ブラウザ

ブラウザによってページの見え方が変わります。SEO対策では、ユーザビリティの視点から全てのブラウザで閲覧できるようにと推奨しています。
Internet Explorer やFirefox 、Opera、chrome など様々なブラウザがあります。 どれを使っていても、ホームページにアクセスして閲覧することは可能です。 しかし困ったことに同じホームページでも、使 用ブラウザによって表示が変わる場合があります。 これはHTMLが、「どう表示するか」という点を正確に定めない仕様だからです。例えば strongというタグは強調を表 しますが、 「強調されていることをどうやって画面上で表現するか」といったルールは決められていません。strong タグを使うと 、多くのブラウザが該当部分を太字で表示してくれます。 しかし、これは偶然強調を 「太字」で表示 しているだけで、必ずしも強調すなわち「太字」と定められてるわけではありません。異なる表示方法を用いるプラウザがあってもおかしくないのです。

ほかにも HTMLの微妙な解釈の違いや、 JavaScript のブラウザごとの挙動の差異、また対応機能の違いなど、ブラウザごとに表示が異なるポイントが非常にたくさんあります。 もし自分が気になるホームページにアクセスした際に、ブラウザで正しく表示できなかったら、あなたならどうするでしょうか。そのページのことは忘れて、検索エンジンやリンク元に戻り、別のホームページを探し始めてしまうはずです。せっかく色々とSEO対策を施してもユーザーは離れてしまうのです。つまり、あなたのサイ トが正しく表示されないブラウザがあったとしたら、アクセスアップの障害になって しまうわけです。
他のブラウザでは正しく 表示できないと、せっかくアクセスしたのに正しく見られない人がいることになります。それは今後リピーターになってくれたかもしれない人を失ってしまう、いわゆる「機会損失」にもなり、アクセスアップの観点から言っても非常にもったいないことです。そのようなことがないよう、普段使用していないブラウザでも、自分のページが正しく表示されるかチェックしましょう 。少なくとも IE、Firefox、Opera、Google Chrome の4種類と、できればMac OSX標準ブラウザSafariでチェックしておくべきです。これはSEO対策を始める前のサイト制作の段階で気を付けなければいけません。

おすすめ▶SEOのご相談は、SEO格安の東京SEOメーカーで。